サンプル/複数のマスタデータの統合

提供: Munin.jp wiki
移動: 案内検索


ここでは、複数のマスタから異なる情報を集め、一括して情報を表示するためのサンプルです。

ある程度の規模になると(ノード数が数百に及ぶ場合や、プラグインが数千に至る場合)、1つのマスタでは5分間でデータを集めきる事ができなくなり、グラフに欠損を生じることもあるでしょう。

必要条件

ここではノード間の munin データを nfs によって共有します。

設定するにあたり、まず更新スレッド数の設定や rrdcahced を持っているか角印してください。

場合によっては munin-async の利用を検討して下さい。全ノードにわたってオプション等の調整が必要になるかもしれませんが、煩雑さは減ります。もし簡単に nfs を利用出来ない環境であれば、マスタとノードの接続性を鑑み async を使う方法が相応しいかもしれません。

rrd をマージするにあたっては、全てのノードをグループに所属させることを強く推奨します。

概要

(編集中