サンプル/rrdcached 用の systemd 設定

提供: Munin.jp wiki
移動: 案内検索


これは munin 専用の rrdcached インスタンスを起動する例です。

rrdcached が停止しても、再起動します。

スクリプトを実行する前に、いくつかのディレクトリが必要です。

スクリプトの起動後は munin の fastcgi プロセスに権限が付与されます。つまり、fastcgi によるグラフ描画プロセスは "www-data" ユーザ権限によって動作することを意味し、ファイルシステムは "acl" としてマウントします。

[Unit]
Description=Munin rrdcached

[Service]
Restart=always
User=munin
PermissionsStartOnly=yes
ExecStartPre=/usr/bin/install -d -o munin -g munin -m 0755 \
  /var/lib/munin/rrdcached-journal /run/munin
ExecStart=/usr/bin/rrdcached \
  -g -B -b /var/lib/munin/ \
  -p /run/munin/munin-rrdcached.pid \
  -F -j /var/lib/munin/rrdcached-journal/ \
  -m 0660 -l unix:/run/munin/rrdcached.sock \
  -w 1800 -z 1800 -f 3600
ExecStartPost=/bin/sleep 1 ; /bin/setfacl -m u:www-data:rw /run/munin/rrdcached.sock
[Install]
WantedBy=multi-user.target