Munin インストール/初期設定

提供: Munin.jp wiki
移動: 案内検索

目次

初期設定

Node

プラグイン

どのプラグインを使うべきか決めてください。munin-nodeはCONFDIR/plugins/以下に存在するプラグインを実行します。

プラグアンドプレイによる解決策

munin-node-configure --shell --families=contrib,auto | sh -x

アクセス制限

munin-nodeはデフォルトで全てのインターフェースで待機しますが、限定的なアクセスリストを使用します。ここに、マスターの IP アドレスを追加します。 ここでは、’cidr_allow’、’cidr_deny’、’allow’、’deny’というステートメントを使います。 cidr_allowは次の構文のようになります(/32は暗黙的に使われないので、単一のホスト用の記述でも、明示する必要があります)。

cidr_allow 127.0.0.0/8
cidr_allow 192.0.2.1/32

正規表現によってマッチしたクライアントIPアドレスを許可することができます。

allow '^127.'
allow '^192.0.2.1$'

正規表現の構文についての情報は"Net::Server"を参照してください。また、cidr_allowが最近追加されたものであり、すべてのシステムで利用可能であるとは限らないと言うことに留意してください。

起動

ノードエージェントを起動するには、(root権限によって)SBINDIR/munin-nodeを実行します。再起動をするには、munin-nodeプロセスを停止した後で、起動し直します。なお、munin-nodeが新しいプラグインを認識するのは再起動時のみです。

手動で munin-node を起動する代わりに、init-scriptを使用したくなるでしょう。build/dists の下か、build/resource ディレクトリの下で、適切なスクリプトを見つけることが出来ます。(おそらく、スクリプトはそのまま利用することができません。パスなどを確認して、必要に応じて編集する必要があるでしょう)。

マスター

ノードサーバの追加

ノードサーバの情報をCONFDIR/munin.confに追記してください

[node.example.com]
    address 192.0.2.4
[node2.example.com]
    address node2.example.com
[node3.example.com]
    address 2001:db8::de:caf:bad

Webサーバーの設定

munin masterがインストールされたサーバ上で、ウェブサーバを稼働する必要があります。 配布パッケージによりインストールされた"munin"をお持ちの場合、Webサーバーはすでに構築されているかもしれません。 あなたがソースからインストールした場合、最小の構成例がtarballのresourceディレクトリ以下にあります。 より複雑な構成にする場合、Apache VirtualHostの設定例を参照してください。