Munin インストール/動作条件

提供: Munin.jp wiki
移動: 案内検索

Munin をインストールするためには、以下の環境が必要です。

munin 構築

munin をビルドするために必要な環境:

  • GNU Make - これ以外の make を使わないでください。
  • 適切な Perl 5 ( バージョン 5.8 以上 )
  • Perl モジュール: Module::Build


開発者やパッケージメンテナが必要な環境:

  • Test::MockModule
  • Test::MockObject
  • Test::Pod::Coverage
  • Test::Perl::Critic 1.096 以上
  • Test::Exception
  • Directory::Scratch (あれ、これはどこから?)


ドキュメント構築に必要な環境:

  • sphinx


munin 動作

munin を動作するために必要な環境:

  • 適切な Perl 5 ( バージョン 5.8 以上)


munin ノードを動かすために必要な環境:

  • Perl モジュール
    • Net::Server
    • Net::Server::Fork
    • Time::HiRes
    • Net::SNMP (オプションです。SNMP プラグインを使う場合に必要です。)
  • Java JRE (オプションです。java プラグインを使う場合に必要です)
  • その他、プラグインによっては個別にドライバなどが必要な事がありますが、このドキュメントには記載していません。


munin マスタが必要な環境:

  • Perl モジュール
    • CGI::Fast
    • Digest::MD5,
    • File::Copy::Recursive
    • Getopt::Long
    • HTML::Template
    • IO::Socket::INET6
    • Log::Log4perl 1.18 以上
    • Net::SSLeay (オプションです。SSL/TLS で通信する場合に必要です)
    • Params::Validate
    • Storable
    • Text::Balanced
    • Time::HiRes
    • TimeDate
  • CGI や FastCGI が動作するウェブサーバ