Munin プラグイン

提供: Munin.jp wiki
移動: 案内検索


役割

munin プラグインは、単純に実行可能なファイルであり、ローカルサーバに関する情報群を集める役割を持ちます(ローカルサーバの代わりに、リモートマシンの SNMP 経由のデータを集める場合もあります)。

プラグインが引数 "config" で呼び出される時は、グラフの定義やアラートの閾値など、メタデータを返します。引数が無い場合は、値を取得します。このような引数に関する挙動は、プラグイン毎に必須のものです。他にも複数の標準的な引数があり、これらは自動設定時に役割を果たします。以下の関連する文章も、読んでください。


設定ファイルは munin-node.conf です。

関連文章